東京都新宿区高田馬場にて開催中!シニア世代の皆様に安心と充実の時間を提供する ニチリョク 生活文化塾

 

 
 
 
 

喪主の心得

 

こたつが恋しい季節となりましたね。

本日は、普段当社のディレクターとして現場で活躍をしている
渡邉課長をお迎えして「喪主の心得」のセミナーを開催致しました。

基本的には、喪主は誰がやっても良いのだそうですが、
お葬儀とは地域制が強く反映されたしきたりの残るものです。
気になる方は、スタッフにご相談下さい。

当社は、業界でも珍しく、一貫して1人の担当者がご宗家のサポートを致します。
通夜葬儀から後段まで、くるくると担当が変わるのは
複数の外注先に依頼している企業に良く見られるケースです。
これではご宗家様の心にしっかりと寄り添うことができませんね。

「エンディング産業の総合商社である当社では、安心と信頼をご提供できるのです。」
と渡邉課長は締めくくりました。

 
 
ホームページ作成方法